上手なトラブル対応とは?

私達個人で考えた時も上手なトラブル対応とはどういったものなのかという点については、やはり良い結果を追求することになりますが、できるだけ重複したトラブルを招かないという点でもそれは良い対応と言えるかもしれません。私達はトラブル対応を重視するあまり他のことを疎かにしてしまうことがありますが企業という単位においては、それは発生し得ないことであり、私達もその点は安心することができます。

しかし、やはり内部の人間だけでは心許ない部分も多くありそのために顧問弁護士を雇ったりするなどの対策が必要になります。今のままでも対応することはできるかもしれませんがより確実さを求めるという点ではその方法はベストと言えるかもしれません。

私達はいつもどうしようもないと思えるような法的トラブルに直面することはないかもしれませんが、実際に企業がそういったリスクを抱えながら遂行されていることに対して尊敬の念を抱くかもしれません。もし私達も社会の一部になればそういった点を知ることが出来るようになりますがまずはこういった形で知識を得ておくことによって、より様々な用語の意味が理解出来ますし、それを実践してみたいという気持ちにもなります。

法務部を設置する理由とは?

企業は、必要な業務を各部署等で分離化し、それら一つ一つが連携することによって、その体制を確立しています。ですから、無駄な部署は一つも無く、それらの中心的な役割を果たしている、いわば心臓部とも言える部署も存在しています。

その一つなのが、『法務部』です。『法務』とありますから、まさに法律に関係する業務を行っています。ということは、それに適応した、人材が必要です。いわゆる、法律に精通している人が必要となります。ただ知っているだけで無く、事務や応対などを総合的に行えるような、より優秀な人材が求められている部署、とも言えます。

なんとなく、裏方のようなイメージを持っている方もおられますが、実際はそうではありません。法務部があるからこそ、企業におけるコンプライアンスが達成されることになります。ちなみにコンプライアンスとは、企業が法律に遵守するということであり、いわばそれらを破るような不祥事が起こらないようにするために必要な要素です。コンプライアンスを高めるために法務部とそれが果たす企業法務が重要であり、それは様々な想定される法的トラブルを解決したりあらかじめ回避することに繋がりますから、やはり『心臓部』である、と言えます。

弁護士を雇うには?

より良いサービスを導入するためにはそのサービスがどういったものかを導入する側が良く理解する必要がありますが、もともとそれが信用におけるサービスである場合は導入がスムーズになるとも言えます。最新のテクノロジーを用いたサービスはより良いもののように思えますが実績のない分導入に関してリスクの点も考えなければなりませんが、企業法務や顧問弁護士などそういった事柄へ注力することによって、より問題に対するリスクの削減を行うことができます。

さて、顧問弁護士を雇うとなったとき、一番重要なのがどの弁護士を雇うか、という点です。実際顧問弁護士を引き受けられる弁護士はたくさんいますが、弁護士選びには、やはり最初に考えたようにどのくらいの実績があるかという点が判断基準になるかもしれません。

それと同時に考えたいのが、顧問弁護士を雇う費用です。基本的に顧問弁護士を雇うためには、基本料(顧問料)に加え、相談料やその他の費用が必要になります。通常の弁護士契約とはことなり、弁護士はいつでも対応しなければならないわけですから、その分費用が高くなるのは必然です。1人の顧問弁護士を雇う際には、10万円以上費用が発生することもあります。

顧問弁護士は油の役割?

世の中には作業を効率化したり、利潤を向上させることができる、様々なサービスが存在しています。企業は、それらを積極的に導入することによって、それらのメリットを享受しています。もちろん、適当に何でも導入するのでは無く、きちんと実績があり、確実にプラスとなるサービスを導入することによって、それらのメリットを達成しています。

また、社員だけでは対応仕切れないことに関しても、それを導入するメリットはあります。例えば、最近ではクラウドが活発化し、会社の一部のシステムをクラウド化するサービスを導入することによって、さらに効率を向上させたり、人材にかかるコストの削減などが達成されています。そういったものを導入させることで、より企業という歯車のまわりが良くなるようにするのです。そういった「油」の役割を果たしている一つに、『顧問弁護士』があります。最近は顧問弁護士を雇う企業が増えていますが、それはどのような理由なのでしょうか。

そうです、法的なトラブルに、すぐに対応することができるように、です。法的なトラブルは、いつ起こるか分かりません。取引先か、顧客などから訴えられる可能性も、0ではありません。そういった事態に、すぐ対応出来るかどうか、という点は、損失をどのくらい減らせるか、という点とも関係します。法務部などの部署と、顧問弁護士という立場が連携することによって、会社の損失となる要因を最低限にとどめることが可能です。